ポスティング業者をまとめてご紹介ー大阪編

ホーム > 大阪のポスティングについて > 同じ枚数であれば何度かに分けて配布するのも大阪ポスティングのコツ

同じ枚数であれば何度かに分けて配布するのも大阪ポスティングのコツ

新聞折り込みチラシと同じように、大阪でのポスティングにもそれなり費用は掛かります。ところが新聞折込チラシとは異なり、ポスティングであればターゲット層の絞り込みが可能です。商品やサービスを用意して利用してもらいたいにしても、若者が消費者としてのターゲット層であれば、シニアやファミリー層には、その宣伝広告を届ける必要がありません。ターゲット層を絞ることで配布先は、単身者の契約するアパートやマンションが多いエリアに限定し、ポスティングをすることが可能です。新聞折り込みの場合は枚数的にも大量に利用ができますが、それだけ宣伝広告費もかかります。企業には規模がありますから、小規模の店舗などの宣伝活動としても、新聞折込ほどの枚数や費用をかけなくても、実行ができるのがポスティングでの宣伝です。

大阪で行うポスティングに関しては、アルバイトに依頼をして配ってもらうこともできます。勤務をする時間や時給を決めてアルバイトを集め、ポスティングを依頼しますが、その時には何日までに何枚のポスティングをするか、具体的な数字を出して指示をすることです。戸建て住宅であれば1枚あたり5円の単価として、1時間で200枚配ることを目安としてナイト料金を決めます。指示を受けたアルバイトたちは、1日あたりでおよそ100枚から300枚を配ることになりますが、時間の高速負担はないですし、ノルマもないうえに、チラシは配送されるので、あらゆる負担が少ないです。アルバイト側としても専門知識も不要で気軽にできるので、多くの人が募集をかければ集まりますが、配布禁止リストがあるので、そのエリアや場所に投函するとクレームになるので気を付けます。

大阪エリアでのポスティングをするときに、意識的に配り方を工夫してみることです。封筒や透明の袋にチラシと商品を一緒に入れてみたり、学生がターゲットなら学校付近での配布をしたり、催事や地域会合で宣伝をしたり、掲示を利用するなどできることはいろいろあります。ポスティングを行う地域を絞り込むこと、駅に関していえば反対の場所まで配布に足を運びますが、路線により商圏は分断されるため、エリアを絞りこんで配布をするのもコツです。人は1回だけ見たチラシの内容は覚えることはできませんが、数回目にすると意識に残ります。枚数的に3000枚配布するなら、一度に配り切るのではなく、対象エリアを絞りこんだうえで、1000枚ごと3回に分けて配布をしたほうが効果的です。気を付けるべきなのは空き室には投函しないこと、イメージが良くないですし、投函がいたずらにつながってはいけません。お金をかけてチラシを作成しても、配布を空き家にしたところで反響はないため、人の住む家のポストに入れることです。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ